シュレッダー家庭用で電動で安い・細かい・クロスカットでおすすめを使ってみた!

おうちに届いた手紙や郵便物の住所や名前など個人情報が書かれているものは捨てるのがちょっと怖いなって思う時ありますよね。
それ以外にも個人的に漏れたくない情報だってあると思います。

そういったものを手で割いても良いんですけど、手でやると意外と何が書かれているのかわかってしまったりするんですよね。ただたんにパズルにしただけみたいな(笑)

そうなってくるともっと細かく切り刻まないといけなくなってきます。
でも、手でやるには限界がありますよね。

そこで私が購入したおうちで使える電動タイプのシュレッダーをご紹介します。

シュレッダー家庭用の電動でおすすめはコレ!

私が買ったのはコンパクトで値段の安かったナカバヤシさんのパーソナルシュレッダーファインカットです。

高いものを買っても日に何度も使うものでもないですし、とにかく細かくできればいいかなということで、こちらの商品にしました。

実際に届いたのがこちら!

外箱はこんな感じですね。

サイドには本体のスペックが書かれています。

箱の中には取扱説明書とシュレッダー本体とアダプタが入っています。
取扱説明書といっても最低限のことしか書いてないです。

機械のお手入れ法やトラブルチェック

部位の名前、操作方法、紙が詰まったら?、ゴミの捨て方

注意事項といった感じです。

実際のシュレッダーがこちらです!

上部には、注意事項などのシールと紙を入れる場所があります。そして、スイッチです。

スイッチは裁断と停止、逆転があります。逆転は紙が詰まった時に使うものです。

後ろには電源のアダプタを差し込む穴があるだけです。

底には滑り止めのゴムがついています。

アダプタ


切ったくずが溜まる箱を取った状態。(紙が詰まっててお見苦しい感じですみません)
ここで注目してほしいのが左下にある赤丸のところ!ここにダストボックス(屑が入る箱)がスライドしながら入るんですけど、なんでこんなしっかりした作りなのかな?って思ったんです。

もっとよって写真を撮ってみました。ちなみに、これは反対側にはありません。
これはダストボックススイッチといって、ここにダストボックスがきちんとはいっていないと作動しないようになっています。(安全装置のような役割)
シュレッダーの刃がむき出しの状態で動いていたら危ないですから、こういう構造になっています。

それでは実際に裁断してみます。
上部のところから紙を入れていきます。

するとこのように紙が細かくなってでてきます。これが見てて楽しいんです(笑)

そして、雪のようにダストボックスの中へ積もっていきます。

切った感じはこのくらいです。

ある程度、ゴミが溜まったら捨てるのですが、ダストボックスを動かすとくずがぱらぱら落ちて良い感じに汚れます(笑)

シュレッダーの注意事項

取扱説明書や本体にも書かれていますが、重要なポイントだけご紹介しておきますね。
・連続して使えるのは3分間だけ。それ以上使うとモーター加熱保護機能が働き自動停止します。3分間使ったら40分の休憩が必要となります。
・細断枚数はA5で2枚、A4では二つ折りにして1枚投入できます。郵政はがきの場合は1枚、これ以上詰め込むと故障の原因となります。
・ビニールや布、濡れたり湿ったりしている紙、粘着シールが貼ってあるものなどは細断できません。
・紙が詰まった時の対処法は、スイッチを逆転にして、逆転状態で紙を引っこ抜きます。紙が引き抜けない場合は再度細断にスイッチを入れて下さい。ある程度いくとまた詰まるので「逆転」をして「細断」を繰り返しながら、詰まった紙を取るといった感じになります。
・刃に紙が詰まっている場合は、逆転と細断を10秒ほど交互に繰り返し、屑をとればOKです。

シュレッダー家庭用の電動を使ってみて良かったところ悪かったところ!

私的に良かったポイントと悪かったポイントをご紹介しますね。

ここが良かったシュレッダー!

・細かく細断できるので個人情報がさらされるのでは?という不安がなくなりました。これが一番のおすすめポイントです。細かく切り刻まれてるからこその安心です。
・しかも、小さい紙にしておけば2~3分あれば終わります。
・音も割と静かなので、そこまで苦痛ではありません。

ここが残念だった!

・3分間しか稼働しないので気を抜ているとあっという間に3分。3分働いて40分休憩。こんなお仕事あったら楽だよね(笑)
・大きい紙だと入らないので小さくする必要がある。小さい紙であっても細断の必要がないところはあらかじめ切っておきます。これで時間短縮にもなるので、一回2~3分で済みます。ただ、その準備は面倒でした。年賀状などは地獄です( ̄▽ ̄;)
・ダストボックスにたまったゴミをゴミ箱に捨てる時に出る屑が手間。細かく切り刻まれているので、手で拾うのはしんどいです。特に絨毯の上。フローリングとかでも拾い辛いでしょうね。なので、コロコロがあると便利です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

コロコロ スペアテープ フロアクリン C4354(4巻)【コロコロ】
価格:1102円(税込、送料別) (2017/12/18時点)

総合的には、買って良かった商品でした。
音も静かですし、手間はかかるもののそのまま捨てる「リスク」より「手間」をかけて「安心」を手に入れた方が良いじゃないですか!
それに、会社とかと違って何回も何回も使う訳ではないのでね。

まとめ

私もシュレッダーごときにお金をかけるのは・・・と思っていたんですけど、使ってみたらやっぱり楽だし、安心なのでおすすめです。
皆さんも日々の安心のためにシュレッダー購入してみませんか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする