スーツケース 子供用は乗せることができて便利!実際に使ってみたレビュー!

小さな子供と旅行に行く時辛いのが大きな荷物にだっこしてくれ!という抱っこ攻撃です。

荷物もあるのに、子供も抱っこしたらドット疲れてしまいますよね。
しかも、イライラしてきちゃって楽しい旅行が楽しめない!という事態になってしまいます。

そんなママやパパの強い味方の子供用トランクがあるんです。

今回はその子供用スーツケースを私自身が購入し、使っているので丼感じだったのかをご紹介をしたいと思います。

子供用スーツケースは乗れて楽しい!

私が購入したきっかけは沖縄旅行に行くためでした。子供は4歳でしたが、疲れるとやっぱり抱っこ!と要求するので嫌だな~と思っていました。
そこへたまたまトランキという乗せて走って、荷物も入れられるという商品を知ったので、購入することに決めました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

トランキ ライドオントランキ 子供用 トランク 【あす楽】
価格:5637円(税込、送料無料) (2017/12/12時点)

これが今回購入した商品なんですが、見た目も可愛くて子供が食いつきそうな商品ですよね!

これの最大の魅力は子供を乗せて走ることができるということです。
座れるだけとかならありそうですが、走れるって画期的じゃないですか?ベビーカーだと邪魔だし、年齢的にももう必要ない!でも、長時間は歩けない!といった子には絶対に最適ですよね!

ちゃんと紐もついているので、乗せて引っ張れるようになっています。

乗れるだけでなく、荷物も入る!

乗り物として使えるのはもちろんですが、きちんと荷物が入ります。

うちは4日分の子供用の荷物を入れているのですが、半分だけでおさまりました。今回、子供がダッフィーも連れて行くというのでダッフィーが半分を占めています。ダッフィーを持っているご家庭だと想像がつきやすいかもしれません。

厚手のものが多かったり、旅行日数が多かったりすると入らない可能性もありますが、それでも自分だけのカバン、荷物というのはやはり子供にとっては嬉しかったりします。(途中で飽きますけど)
はまってくれればずっと荷物を自分で持ってくれますし、それだけで目立ちますからおすすめです。

デメリットもいくつかあった!

使用してみていまいちだったなと思った点がありました。
タイヤがまっすぐしか向かないのでカーブの際に倒れるという点。これはまぁ仕方ないといえば仕方ないポイントですが、結構倒れやすいのでカーブはめちゃくちゃ減速するか降りてもらうしかありません。

そして、タイヤは段差を乗り越えることができません。子供を乗せて点字ブロックを横切った時に、あのでこぼこを乗り越えられず、前につんのめる形でひっくり返りました。
ちょっとしたでこぼこですら危ないので、でこぼこ道を通る時は降りてもらう方が安全かなと思いました。
さらに、もう一つ。上の凸凹とちょっと関係ありますが、トランキは平らな道しか走れません。空港や駅などの綺麗な床でないとうまくタイヤが転がらず、スムーズに進むことができません。
アスファルト上は絶望的な感じですね。試してはいませんけど、おそらくアスファルトの上でやったら全然前に進まないと思います。そして、ひっくり返るというオチが待っていると思います。
なので、乗って使えるのはフラットな道だけということになります。

それ、買って良かったの?

悪い面ばかり見ているとそれ本当に要る?って感じがしてきてしまうかもしれませんが、もちろん良かった点はあります。
子供が荷物を自分で持ってくれたり、疲れた時に休憩ができます。そして、旅行で使わなくなって今おもちゃとして大活躍しています(笑)
トランキの中におもちゃを入れて引っ張ってみたり、旅行ごっこ?的な遊びをしていたり、単純に乗って遊んでみたりと結構楽しいみたいです。

口コミにも抱っこ攻撃から逃れるためには良い!と書かれていますし、旅行で抱っこ抱っこになるよりは楽だと感じました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

トランキ ライドオントランキ 子供用 トランク 【あす楽】
価格:5637円(税込、送料無料) (2017/12/12時点)

最後に・・・

一応、鍵もついていますし、耐えられる重さも50kgと大人も乗れちゃうくらい丈夫な作りになっています。が、海外などの手荒い空港だと壊れてしまう場合もあるのでできるだけ機内持ち込みにした方が良いかなと思います。
うちは国内だったので預けちゃいましたが、特に壊れたり傷がついたりということもありませんでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする