博多久松のおためしおせちを食べてみた!おせちレポ!

お正月の楽しみでもあるおせち、毎年どんな物を用意しようかと迷ってしまいますよね。ご自宅で作られる方やスーパーで購入して詰め替えるってことをしている人もいるでしょうし、デパートとかのちょっとお高めのおせちを購入してくる人もいると思います。

手作りできれば一番確実でしょうが、12月のくれは一般的に忙しい時期ですし、材料も急激に寝上がるのでお金もかさみます。

そんな時期でも手間もかからずに、お値段を抑えられるのがネットでの注文なんです。ただ、ネットなので味や品質がどうなのかっていう心配もあります。
そんな人におすすめしたいのがお試しおせちで、私も実際に購入し、食べてみました。

今回購入したのは博多久松さんのおせちです。

博多久松さんのおせちを買った理由

博多久松のおせちって楽天では結構有名で、レビュー数も多く毎年多くの人が買われている人気のお節なんですよね。
おせちって一年に一度しか食べないものだし、その一回しかないチャンスをまずいものでスタートしたくないじゃないですか!
人気で売れてるからといって、必ずしも美味しいって訳じゃないし、自分に合う合わないというのもありますしね、このお試しで食べてみてから購入するか否かを決めるのも良いかもって思いました。

さらに、それをシェアできれば皆さんの迷いにも貢献できるのでは?と思ったので、購入を決めました。

なんてたって、このお試しはワンコインの500円という格安なんです。
それプラス850円の送料がかかるので、送料のほうが高くつきます。もし購入される場合はそのことをお忘れなく!です。

おせちが届いたので開けてみる!

実際に届いたのこちら!箱にもしっかりと博多久松と書かれています。

段ボールを開けると・・・

こんな感じで、高級感のあるおせちとパンフレット、商品の説明などが入ってます。

パンフレットはおせちがずらっと載ってました!


そして、お品書きです。

解凍方法が書いてあります。

おせちの箱には金色の文字で「博多久松 おためしおせち」

裏面には品名や賞味期限などが書かれています。

金色の文字の箱をあけるとさらに箱が入ってます。これがまたしっかりして、高級感があるんです。もっと安っぽいものでくると思っていただけにびっくりです。

これが解凍する前の中身です。冷たいですが、凍ってる感じもあまりしませんでした。なので、届いてすぐ食べようとしてしまいました。

冷蔵庫で12時間以上放置し、解凍しまーす。(実際には24時間ちかく解凍していました)


おせちを食べてみます!

次の日のお昼ご飯に早速食べてみます。
栗の甘露煮と金団、黒豆、白花豆蜜煮、赤いのがやわらか干しトマト
これは甘い系のものが詰まったエリアですね。栗きんとんと白花豆蜜煮はかなり甘かったです。これぞおせちっていう甘さでした。
赤いやつがトマトというのを食べてから知ったのですが、これすっごい美味しいです。ほどよい甘さがあって、トマトという感じは一切なくて、弾力感があって不思議な食感でした。

横から見るとフルーツが乗っているかのような鮮やかな盛り付けです。

こっちはタマゴエリア?黄色い丸っこいのが黄身に見えて仕方ないんです。
味付け数の子で、数の子のおいしさはもちろんですが、プチプチした食感がたまらない!数の子のお隣がまだら昆布です。ご飯のおともに最高のやつです。おせちって似たり寄ったりなのでこういったご飯と一緒に食べれるものって良いですよね。
最後に、この黄身みたいなやつの正体は金柑密煮でした。甘さの中に金柑の酸味があります。私は勝手にしょっぱい系のものだと思ってたので口入れた瞬間、広がる甘さと金柑の風味にびっくりしました(笑)この金柑の下にも赤いトマト入ってました(^▽^)

最後、豪華な感じのエリアです。
入っているものは、煮物系と練り物系とエビです。
すべて取り出してから写真に撮ればよかったと思うくらいわかりにくく撮ってしまって申し訳ないです。

煮物系はレンジで軽く温めた方が美味しくいただけると思います。まだ、多少凍ってる部分がありましたし、煮物は暖かい方が美味しいと思うので。
煮物は、角煮と鶏つくね照焼、子持ちいか、シイタケ、帆立です。
どれも味付けは濃いってこともなくちょうど良いです。シイタケが好きな私にとって、煮込まれてる感のあるシイタケは嬉しい!噛み応えもあって、ジューシーな味わいでした。

私がこの中で一番美味しいと思ったのはかまぼこです。
スーパーとかで買ったことがある人はわかると思いますが、スーパーのって柔らかくてなよなよしてるじゃないですか。でも、久松さんのかまぼこは弾力があって、しっかり噛まないと呑み込めません。かまぼこってこんなにしっかりしてるもんなんだとびっくりです。
確かに、かまぼこではわりと有名な鈴廣のものこんなだったかもと遠い記憶がよみがえりました!

そして、市松錦玉子に伊達巻はあっさりとした甘さです。伊達巻が大好きなのでもう少し甘い方が良いかもって思いましたが、甘いものは他にもあるのでこれくらいがちょうど良いのかもしれませんね。
最後にエビちゃんです。エビが入ってるだけで豪華に感じてしまう私ですが、身がぷりっぷりです。殻付きってのがちょっと面倒な感じもしましたが、殻がついてるからこその高級感があります。

どれもこれも美味しいものばかりでした。
量は大体1人~2人前くらいでしょうか。うちは大人二人で食べましたが、これのほかにおにぎりも用意しておきました。

久松さんのおせちは見た目も美しくて、味わいも◎なのでお正月にピッタリなおせちでした。

最後に・・・

おせちを選ぶのに試食できるのって嬉しいです。しかも、試食だからと言って手を抜いてない感じがまた素晴らしいなと思いました。
もし、今年のおせちはどこにしようか迷っているのであれば試食を試してみると良いですよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする