日傘 完全遮光で折りたためて日本製のおしゃれなおすすめ商品はコレ!

日差しが強いと気になるのが紫外線ですよね。日焼けを気にして日焼け止めクリームを塗りまくるのですが、それでも焼けてしまいますし、夏の時期だと暑さが厳しく汗がだらだらでて落ちてしまって塗り直し!なんてことも多々ありますよね。
日焼け止めクリームを塗ってると肌がべたべたしたり妙に乾燥していたり、あまり気分のいいものではありません。

そこでおすすめなのが日傘なんですけど、日傘もピンキリで意外と紫外線を通してしまっているものや暑くてしんどい!というものがあったりするので日傘選びは難しいんですよね。

そんなあなたにおすすめしたいのが、完全遮光で折り畳みができる日傘です。

完全遮光でおしゃれなのに折り畳みでコンパクトな日傘!

完全遮光で折り畳み機能がついていればどこへでも持ち運べて便利なんですよね。
そんな中でもおすすめしたいのが、こちらの日傘です。


商品の写真を見てすぐに目に入ると思いますが、100%完全遮光なんですよ。しかも、軽量で雨晴兼用ですので急な雨でも対応できちゃうというものなんです。

この日傘の何が凄いか?って100%完全遮光って部分だけじゃないんです!

ロサブランがおすすめな理由!

ここでは、この商品をおすすめするポイントをご紹介したいと思います。

完全遮光だからこそ違う太陽光線

遮光率100%の傘は全く影が出ないというのをご存知ですか?

シルバーコーティングやUVカットの加工のものは実は光を通しているので影が出ます!
こんなに簡単にわかるんだったUVカットの傘を買う前にお店で広げて、光を当ててみることで判断できますよね。

暑さ対策にもなる

遮光する分遮熱効果もあります!遮熱とは外部の熱が入り込まないようにすること、また熱が外に漏れないようにすることです。

普通の傘の生地の温度変化
太陽にあたる前20度程度だったものが、太陽にあてて15分後には44度、上昇温度24度
遮光生地の傘の温度変化
太陽に当たる前20度程度だったのが、太陽に当たって15分後に33度、上昇温度13度
この結果、遮熱加工がされてないものとロサブランの傘の生地とでは、約15分後に、-11°~-19°の差が出ることが分かっています。
これだけ差があるのですからこの日傘が涼しいという理由がわかってもらえるのではないでしょうか。

生地へのこだわり

日本製の高密度1級遮光生地を使用しています。また生地製造ごとに確実な品質管理を行っているので高品質ですし、徹底されているので安心してお使いいただけます。

晴雨兼用

高度な撥水性を持たせるために、撥水加工を採用し、晴雨兼用としてご利用いただけます!

コンパクトでおしゃれなデザイン

持ち運びに便利な折りたたみタイプだから、荷物を持つのが面倒だな~という時でもコンパクトで便利です。折りたたみ日傘ですが、折りたたまずに伸ばした状態で持ち運ぶこともできます!
折りたたみサイズに畳んで傘袋に入れられるので非常にコンパクト!
内側には折りたたみ傘をコンパクトに折りたためるようにバンドがついており、垂れ下がって邪魔にならないよう止めておくことができるボタンがついています!

カラーバリエーションが豊富!

自分好みのカラーを選ぶことができるカラー展開になっています。
ブラックピンク、ブラックベージュ、ブラックアイボリー、ネイビーアイボリー、アイボリーベージュ、アイボリーネイビー、ベージュブラック、ベージュピンク、スイートブルーブラック、ネイビーイエロー

実際に使っている人たちの口コミ紹介!

購入して実際に使っている人たちの口コミや評価をご紹介しますね。

◆小柄で、コンパクトなのでちょうどいいサイズ感です。しかも、かさ袋が三つ折り、二つ折りに対応しサイズを変えられるので傘袋がだらだらしてない感じも良いです。そして、日光アレルギーの私にとって完全遮光はありがたいです。

◆生地がテントのような厚手生地なので3段に折りたたむのは結構難しいです。駅についてササっと畳むというのはなかなか厳しいです。

◆日傘をさしていても暑くなりません。涼しいので快適ですし、しっかりとした作りになっているので多少の風であればあおられても大丈夫です。

◆ここまでしっかり遮光する傘は初めてです。作りもしっかりしていて、涼しいし、大変満足しています。

皆さん、涼しいと感じられているようですね!ただ、折りたたむのが大変という声が結構あったのでコツをつかむまで苦戦するかもしれませんね。

最後に・・・

私も日傘がそろそろほしいなと思うようになってきました。でも、暑さが厳しい中傘をさしてとかになるとちょっとな~と思っていましたが、この傘なら暑さにも対応しているので良いですよね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする